0円スクールの評判レビュー。料金・口コミ評判・メリットデメリット・転職まで徹底評価

0円スクールの概要

0円スクールは、株式会社ブレーンナレッジシステムズが運営するプログラミングスクールです。


同社は東証マザーズ上場のSES企業・株式会社ヒューマンクリエイションホールディングスの傘下であるため、どちらかと言えば「将来は、クライアント企業の常駐エンジニアとして働ける人材を輩出すること」を目指しています。


そのため、業務システム開発の現場で多用されるJavaを中心としたカリキュラムが組まれているのが大きな特徴です。


なお、受講料は完全無料ではあるものの、受講条件の1つに「18歳~35歳まで」という条件が設けられていることに注意しましょう。

メリット
  • 受講料は完全無料
  • 途中退校しても違約金はなし
  • 就業中、アルバイト中、学生でも通える
デメリット
  • 教室に通うのが原則
  • Python、Rubyなどの言語は学べない
  • フリーランスで活躍したい人には向かない
  • 受講条件が厳しい
プログラミングスクールレビュー評価
学習の質
(3.0)
学習のしやすさ
(2.5)
料金の安さ
(5.0)
転職可能性
(3.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(3.5)

0円スクールの実績

転職データ-
実績データ-

0円スクールの学習

学習形式教室
教室の場所札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
学習・講師の特徴運営会社は大手人材サービス会社のグループ会社であるため、案件の紹介は多く受けられる
業務用システムを扱うエンジニアを目指すのが前提のカリキュラム
学べる言語Java/SQL/JavaScript/jQuery/CSS/Bootstrap SQL/HTML
対応時間開講日は平日(月曜日~金曜日)
※土日祝日は休校

0円スクールのコース

コース■初心者コース
■開発者コース

0円スクールの料金

料金プラン■初心者コース
0円

■開発者コース
0円

0円スクールの返金保証

返金保証-

0円スクール の転職サポート

転職サポート面談練習、ビジネスマナー、スキルシートの書き方などの面接対策サポート

0円スクールの評判

0円スクールの良い評判

口コミなし

0円スクール の良い評判まとめ

  • 口コミなし

0円スクール の悪い評判

口コミなし

0円スクールの悪い評判まとめ

  • 口コミなし

0円スクールのメリット

メリット1.受講料は完全無料

「0円スクール」という名前の通り、受講料は一切かかりません。この点は、最大のメリットでしょう。「教材費」など、受講料以外の名目で何らかの金銭の負担が生じることもありません。

また、教室に通学するのが基本であるため、自分でパソコンを持っていなくても参加できます。なお、カリキュラムは以下の通りです。

何をどれだけ学ぶかによって異なるため、一概には言えませんが、一般的にプログラミングスクールの受講料は安くても20万円~30万円、高いと70万円以上するのは珍しくありません。お金のことがネックになっていて二の足を踏んでいた人にとっては、受講料がかからないのはかなり助かるでしょう。

メリット2.途中退校しても違約金はなし

受講料が無料、と聞くと「でも、途中で辞めたらお金払わなくてはいけないでしょ?」と思うかもしれません。しかし、0円スクールの場合は、途中退校したとしても、特に違約金が発生することはないので、そこは安心しましょう。

「手にを職をつけたくてプログラミングを勉強してみたけど、自分にはちょっと合わないかも」という人は、講師に相談して次の道を探すこともできます。

メリット3.就業中、アルバイト中、学生でも通える

0円スクールの運営元・株式会社ブレーンナレッジシステムズは東証マザーズ上場企業・株式会社ヒューマンクリエイションホールディングスのグループ企業です。

同社がもともとSES(システムエンジニアリングサービス、ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用に関する技術者の提供を行う会社)であるため、0円スクールも「エンジニアとして転職・就職したい人」をターゲットにした運営がなされています。

そのため、基本的には現状転職・就職活動中の人(つまり無職の人)が中心にはなりますが、教室に通う時間を確保できるなら就業中・アルバイト中・学生でも構いません。

最低でも週16時間は通える前提であることが1つの目安になるでしょう。

0円スクールのデメリット

デメリット1.教室に通うのが原則

新型コロナ禍で、プログラミングスクールの多くが教室での開講から、完全オンラインでの開講に切り替えを行いました。

しかし、0円スクールではオンライン受講ではなく、教室での受講が基本となっています。そのため

  • 近隣に教室がない
  • 自身や家族に基礎疾患があるなどの理由で外出が難しい

人にとっては、かなり通うためのハードルが高いです。

もちろん、今後コロナ禍が落ち着いてくれば、自身や家族に基礎疾患があることが教室に通うのが難しい理由ではなくなるでしょう。しかし、近隣に教室がなかったり、仕事や家事の合間を縫った隙間学習がしたい人にとっては通うのが厳しいスクールかもしれません。

デメリット2.Python、Rubyなどの言語は学べない

0円スクールで学ぶのは、業務用のシステムで使われているプログラミング言語の1つ・Javaとその周辺知識です。確かに、業務用のシステムの開発現場では広く使われている言語ですが

  • データ分析の案件でよく使われる「Python」
  • Webサービス開発の現場でよく使われる「Ruby」

などの言語は学べません。

「自分が何をやりたいのか」を考え、合わないと感じた場合は0円スクールでの受講は見送ったほうが良いでしょう。

デメリット3.フリーランスで活躍したい人には向かない

株式会社ブレーンナレッジシステムズの親会社・株式会社ヒューマンクリエイションホールディングスはもともとSESとして発展してきた会社であるため、卒業後は「どこかの会社に派遣され、常駐エンジニアとして働くこと」を想定したカリキュラムが組まれています。

もちろん、就職・転職対策もその点を踏まえて考えられているため、はっきり言うと「フリーランスで活躍したい人には向いていない」のが実情でしょう。

もちろん、学ぶことが無意味だと言っているわけではありません。一度、常駐エンジニアとして就職した後、PythonやRubyなど他のプログラミング言語も学び、IT関連の他業種へのキャリアチェンジやフリーランスとして独立することを見据えるのも1つの手段です。

デメリット4.受講条件が厳しい

受講料が0円であるということは、運営する側にとっては、受講生を絞らないと大きな損失を負いかねないリスクも発生します。そのため

  • ある程度時間を割いて一生懸命勉強してくれそうな人
  • 年齢がそこまで高くなく、転職・就職活動がうまくいきそうな人

を受講生として迎え入れる必要があるのです。このことを鑑み、0円スクールの受講にあたっては以下のような細かい条件が設けられています。

だれでも受講できるわけではない点に注意が必要です。

0円スクールの申込の手順

手順1.説明会・体験入学に申し込む

公式Webページから、説明会・体験入学に申し込みます。

サービスの具体的な内容の説明を受けます。コースの相談なども可能です。

手順2.申込

内容に問題がなければ、申込・契約をします。

手順3.受講開始

受講開始日が決定したら、実際に教室に行き、カリキュラムの受講を始めます。

0円スクールのよくある質問

Q.全くの未経験でも受講できますか?

A.問題ありません。

Q.毎回同じパソコンを使えますか?

A.毎回同じとは限らないので、その点はご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です