CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の評判レビュー。料金・口コミ評判・メリットデメリット・転職まで徹底評価

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の概要

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)はコードキャンプ株式会社が運営しているプログラミングスクールです。

コードキャンプ株式会社は一般向けのプログラミングスクール「 CodeCamp(コードキャンプ)」も運営していますが、今回紹介する CodeCampGATE(コードキャンプゲート) は「20代の就職・転職支援」に特化したスクールといして運営されています。

オンライン完結型のプログラミングスクールではあるものの

  • チーム開発演習をカリキュラムに取り入れている
  • オンラインコミュニティで他の受講生と交流できる

など、実際に仕事を始めてからもプラスになることを意識し、カリキュラムや運営体制を整えているのが大きな特徴です。

メリット
  • オンラインであるため日本全国で受講できる
  • 現役エンジニアが講師として1人1人に合った指導をしてくれる
  • チーム開発演習で実際の開発現場の雰囲気を体験できる
  • キャリアコンサルタントによるキャリア支援が受けられる
  • オンラインコミュニティで同期と交流できる
  • 法人研修導入実績が豊富で講義の質が高い
デメリット
  • フリーランスを目指す人には向かない
  • 20代しか受講できない
プログラミングスクールレビュー評価
学習の質
(4.0)
学習のしやすさ
(4.0)
料金の安さ
(3.0)
転職可能性
(4.5)
サポート
(4.5)
総合評価
(4.0)

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の実績

転職データ-
実績データ-

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の学習

学習形式オンライン
教室の場所-
学習・講師の特徴20代の転職支援に特化したスクール
サービスの制作・公開までを見据えたカリキュラム
学べる言語HTML5/jQuery/CSS3/PHP/JavaScript/MySQL/git/docker/Laravel
対応時間-

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)のコース

コース-

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の料金

料金プラン495,000円(税込)
※別途、入学金として33,000円(税込)が必要

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の返金保証

返金保証-

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の転職サポート

転職サポートポートフォリオ制作支援、キャリアコンサルタントによるカウンセリング

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の評判

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の良い評判

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の良い評判まとめ

  • 卒業生への質問ができるイベントも開催されている
  • 講師、キャリアコンサルタントの面倒見が良い

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の悪い評判

https://twitter.com/MikiFujimoto15/status/1434850401405136904

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の悪い評判まとめ

  • 課題がそれなりに難しいので挫折する人もいる

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)のメリット

メリット1.オンラインであるため日本全国で受講できる

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)はオンラインでのマンツーマン指導という形で受講するプログラミングスクールです。そのため、Web環境とパソコンさえあれば日本中のどこからでも受講できます。

また、プログラミングスクールの中には、カリキュラムと企業側が求めるスキルのマッチングという意味から「卒業後の就職は首都圏を前提に考えること」という方針を掲げているところも少なくありません。

しかし、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート) では比較的求人が多く、汎用性も高いスキルを中心にしたカリキュラムを組んでいるため、首都圏での就職・転職はもちろん、地方での就職・転職の実績も豊富です。

「エンジニアとして転職はしたいけど、地元は離れたくない」という人にはおすすめです。

メリット2.現役エンジニアが講師として1人1人に合った指導をしてくれる

プログラミングスクールの中には

  • そのスクールの卒業生(しかし、エンジニアとしての実務経験はない)
  • エンジニアとしての実務経験はあるが、経験はそう豊富でない

人が講師を務めるところも少なくありません。

しかし、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート) では実務経験が豊富な現役エンジニアが講師を務め、1人1人に合ったマンツーマンでの指導をしてくれます。

力量の低い講師に当たる可能性はかなり低いので、安心して受講できるでしょう。

メリット3. チーム開発演習で実際の開発現場の雰囲気を体験できる

CodeCampGATE(コードキャンプゲート) を含め、オンラインでの授業を行うプログラミングスクールが昨今増えています。自分のペースに合わせて、自宅など好きな場所で学べるのは良いのですが「他の人と組んで何かをやる」という経験が乏しくなるのがデメリットです。

実際のIT開発の現場では、プロジェクトチーム単位で案件を動かすため、働く上では、知識があるのはもちろんのこと

  • 周囲の状況を見て適切な判断を下せるか
  • メンバーと適切なコミュニケーションを取れるか

が重要になります。

この点、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート)ではチーム開発演習が取り入れられ「専属エンジニアメンターと開発を行い、実際にサービスの外部公開を目指して学習を進める」体験をすることが可能です。

知識を身につけるだけでなく「就職した後に苦労しないようにする」という意味でも、有意義な取り組みと言えるでしょう。

メリット4.キャリアコンサルタントによるキャリア支援が受けられる

就職・転職を目指してプログラミングスクールに通う場合「どの程度のキャリア支援が受けられるか」が重要になります。

  • 自分は将来どのような仕事をしたいのか
  • 逆に、客観的に見て自分にはどんな職場があっているのか

の2点に関し、正しい認識を持っていないと、いざ就職した後に早期離職する原因にもなりかねません。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート) には専属のカウンセラーが在籍し、就職・転職活動のサポートをしてくれます。キャリアコンサルタント(国家資格)保持者が基本であるため、就職・転職活動に関する悩みはひとまず相談してみましょう。

メリット5.オンラインコミュニティで同期と交流できる

人によってもこのあたりの価値観に差はあるかもしれませんが、オンライン形式のプログラミングスクールの難点として「他の受講生との交流の機会が希薄になりがちなこと」が挙げられます。

「自分のペースで粛々と進めたいので、別になくても構わない」という人も中にはいるかもしれませんが、やはり「他の同級生と切磋琢磨しあえる環境の方が、勉強が進められる」という人もいるでしょう。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート) では、同期(受講開始日が同じ人)とオンラインコミュニティで交流ができるようになっています。

「自分1人では勉強のモチベーションが維持できない」という人こそ、積極的に利用しましょう。

メリット6.法人研修導入実績が豊富で講義の質が高い

CodeCampGATE(コードキャンプゲート) の運営元であるコードキャンプ株式会社は、法人向けの社内研修も事業の1つとして営んでいます。

多数の有名企業にも導入されている実績があるのも、質の高さが高く評価されている証拠でしょう。

もちろん、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート) にもその質の高さは反映されています。「学習したことを就職後も役立てたい」と思うなら、やはり質が高い講義を受講できる環境を確保するのが大事です。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)のデメリット

デメリット1.フリーランスを目指す人には向かない

CodeCampGATE(コードキャンプゲート) は

就職・転職支援を見据えた20代向けのプログラミングスクール

として運営されています。

20代であれば、フリーランスを目指すために受講することはもちろんできますが、あくまでメインは「就職・転職支援」であるため、物足りなさや周囲との意識の差を感じてしまうかもしれません。

デメリット2.20代しか受講できない

実際のところ、未経験の状態でIT関連の仕事に転職しようとする場合、20代であればポテンシャル重視で採用してもらえることは多々あります。しかし、30代以上ともなると

  • 「飲食店で店長を務めていた」など、何らかのマネジメント経験がある
  • 国家資格保持者であるなど、対外的かつ客観的に能力を示せるものがある

などの条件が揃わないと、未経験の状態からIT関連の仕事に転職するのはかなり難しくなります。

この点を鑑みてか、 CodeCampGATE(コードキャンプゲート) の受講対象者は基本的に20代に限定されているので注意しましょう。公式Webページによれば30代前半でも受講実績があるとのことですが、実際に受講できるかどうかは、個々の事情により判断されることになります。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の申込の手順

手順1.無料相談に申し込む

無料カウンセリングに申し込みます。

手順2.無料相談を実施

具体的な内容の説明を受けます。アンケートに答えると受講料が1万円引になるクーポンが配布されていることもあるのでチェックしましょう。

手順3.申込

内容に問題がなければ、申込・契約をします。

手順4.支払

一括払い、分割払いを選択し、入金します。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)のよくある質問

Q.仕事を続けながら参加できますか?

A.問題ありません。ただし、平日を含めて仕事以外の時間を学習時間として確保する必要があります。

Q.受講料の分割払いはできますか?

A.可能です。ただし、クレジット会社(セディナまたはアプラス)と別途契約する必要があります。なお、回数は最大36回まで設定可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です