テックジムの評判レビュー。料金・口コミ評判・メリットデメリット・転職まで徹底評価

テックジムの概要

テックジムはテックジム株式会社が運営するプログラミングスクールです。一般的なプログラミングスクールでは、まず座学形式(動画配信のケースも多い)で基本的な知識をインプットした後、実際にパソコンを操作してプログラミングを学んでいきます。

しかし、テックジムでは座学形式で授業を行うのではなく、いきなり課題が与えられ「この課題を完了させるには、どんな知識や技術を、どんな風に使えば良いか」を考えながら学ぶユニークなスタイルをとっているのが特徴です。

いわば「問題演習を積み重ねることで、知識を習得していく」スタイルのプログラミングスクールと言って良いでしょう。

メリット
  • 実践に特化した授業が受けられる
  • 地方でもオンライン・郵送で受講できる
  • 目標・目的に応じて好きなことが学べる
  • 月額制なので初期費用がかからない
  • 他の受講生との交流が持てる
デメリット
  • 全くの初心者からの受講はおすすめできない
プログラミングスクールレビュー評価
学習の質
(3.5)
学習のしやすさ
(3.5)
料金の安さ
(4.0)
転職可能性
(3.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(3.5)

テックジムの実績

転職データ-
実績データ-

テックジムの学習

学習形式教室
教室の場所全国各地
学習・講師の特徴教室への通学が基本ではあるものの、通学できない場合は1年間オンラインで学習可能なパッケージを提供
座学ではなく「調べる→仮説を立てる→コードを書いて検証する」という実践型の授業を採用
学べる言語Python/Google Apps Script/Ruby on Rails
対応時間-

テックジムのコース

コース■Python基礎コース
■Google Apps Scriptコース
■Ruby on Railsコース
■AIエンジニア養成コース

※2021年中にスマホアプリ開発コースを新設予定

テックジムの料金

料金プラン月額22,000円(税込)
※別途、入会金33,000円(税込)が必要

テックジムの返金保証

返金保証-

テックジムの転職サポート

転職サポート-

テックジムの評判

テックジムの良い評判

テックジム の良い評判まとめ

  • 教室通学が基本ではあるもののオンラインでも対応してくれる
  • 親身になってくれる講師が多い

テックジム の悪い評判

口コミなし

テックジム の悪い評判まとめ

  • 口コミなし

テックジム のメリット

メリット1.実践に特化した授業が受けられる

細かいところはそれぞれのプログラミングスクールによって異なりますが、多くのプログラミングスクールが「まずは座学で知識をつけた後、実際に手を動かしてプログラミングをする」という流れでカリキュラムを進めていくはずです。

この方法が完全にダメとまでは言えませんが、

  • プログラミングスクールの最終的な目標は「自分1人でプログラミングができるようになること」である
  • 知識を学んだとしても、実際に手を動かしてみなければ「どこでどんな知識が必要になるのか」がわからない

ため、決して効率的とは言えません。

テックジムでは、この点を鑑み「いきなり手を動かして学ぶこと」を前提にカリキュラムや教材の作成を行っています。

以下の画像のように「どのステップで何をするのか」を前提にして学んでいくため、短期間で必要なことを、飽きずに学び続けられるはずです。

メリット2.地方でもオンライン・郵送で受講できる

テックジムの基本的な受講形態は「拠点となる校舎に出向き、実際に手を動かしながら講師に質問すること」です。東京・大阪などの大都市圏だけでなく、全国各地に校舎ができているので、地方の人であっても受講が可能です。

それでも

  • 住んでいる場所の近くに校舎がない
  • 仕事や家庭、健康上の問題などで通学する時間がない

場合は、オンライン対応の校舎で受講生登録を済ませて、自宅など好きな場所から受講することができます。

質問や相談がある場合は、グループウェアの「Slack」やオンライン会議システムの「ZOOM」を通じて対応してもらえるので、積極的に活用しましょう。

メリット3.目標・目的に応じて好きなことが学べる

一口にプログラミングを学ぶと言っても

  • 新卒で有名IT企業に就職したい
  • 将来は起業したい
  • 現在、Webマーケターなど関連する分野の仕事をしているがスキルアップのために身につけたい
  • 頭の体操のために取り組んでみたい

など、人によって「プログラミングを学ぶ目標、目的」は様々です。目標や目的によっては、自分が想定していないことも含めて学ばないといけないでしょう。

テックジムは月会費を払い続けている限りは、好きなだけ、好きなことを学べるのが大きな特徴です。

「最初はPythonを学んで、ある程度めどがついたらAIエンジニア養成コースでさらに深く学ぶ」というように、自分が思い描く目標に合わせて、幅広いことが学べます。

メリット4.月額制なので初期費用がかからない

プログラミングスクールの学費は決して安くありません。最近では低価格でも質のよいスクールも出てきましたが、それでもある程度はまとまったお金を一度に支払わなくてはいけないので、かなり大変です。

しかし、テックジムは月額性なので、初期費用がかかりません。入学時に33,000円(税込)を入学金として支払う必要がありますが、その後は22,000円(税込)の会費を払っている限りは受講できます。

つまり、55,000円(税込)用意できれば勉強が開始できる仕組みです。途中休会、退会も規約に準じて可能です。

メリット5.他の受講生との交流が持てる

このあたりは人によるのかもしれませんが「人と一緒にやった方がモチベーションが維持できる」という人にとって、「他の受講生との交流が持てる」かどうかはとても重要な要素になります。

テックジムでは公式コミュニティとして「テックジム秘密基地」を開設しています。グループウェアの「Slack」を使って他の受講生と交流が持てるので、自由に使いましょう。

  • 勉強仲間を見つけたい
  • 一緒に起業したい
  • 自分の会社で一緒に働いてくれる人を探したい

など、目的に応じて投稿が可能です。

テックジムのデメリット

デメリット1.全くの初心者からの受講はおすすめできない

テックジムは「授業をしないスクール」という触れ込みで売っています。そのため、ゼロの状態からプログラミングを学び始める場合「そもそも自分はいきなり手を動かして理解できるのか」という点には注意する必要がありそうです。

このあたりは、学生時代にどうやって勉強してきたかにもよるのですが「最初に授業を聞いてからじゃないと、問題が解けなかった」というタイプの人にはあまり向いていないかもしれません。

もちろん「それでも良いから、やってみたい」ということであれば、一緒にやり方を考えてくれるはずなので、事前に相談しましょう。

テックジムの申込の手順

手順1.カウンセリングを予約する

公式Webページからカウンセリングに申し込むことができます。コースの体験や質疑応答があるので、わからないこと、確認したいことは事前にまとめていきましょう。

手順2.手続きを済ませ学習を開始する

入学を決意した場合は、クレジットカードで初回の受講料および入学金を支払います。その後、毎月月会費が引き落とされていく仕組みです。なお、途中休会や退会をする場合は、事務局に申し出る期限が決まっているため、注意してください。

テックジムのよくある質問

Q.どんな人たちが通っていますか?

A.中学生から定年後の人まで、様々な年代の人が受講しています。

Q.他のスクールで挫折しましたが、大丈夫ですか?

A.他のプログラミングスクールで挫折した人も入校しています。自分にあった無理のない学習プランやキャリア設計を考えて学んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です