Geek Loungeの評判レビュー。料金・口コミ評判・メリットデメリット・転職まで徹底評価

Geek Loungeの概要

Geek Loungeは株式会社prezyが運営するプログラミングスクールです。同社は、学生向けのキャリアに関するオウンドメディア事業やプログラミングスクール運営事業を手掛けています。

プログラミングスクールの本部は東京や大阪などの大都市にあることが多いですが、同社の本部があるのは宮城県仙台市です。

地方発のスクールだからこそ「地方に住む学生にも学ぶ機会、働く機会が得られるように」という方針で運営しています。

「将来はWeb開発の仕事をしたい」「学生時代から手に職を付けたい」という人向けのプログラミングスクールでしょう。

メリット
  • 料金が安い
  • 色々な割引制度がある
  • サポートが充実している
  • コースによっては就活・副業支援が受けられる
デメリット
  • 社会人は受講できない
  • 受講期間が短い
プログラミングスクールレビュー評価
学習の質
(3.5)
学習のしやすさ
(4.0)
料金の安さ
(4.0)
転職可能性
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)

Geek Loungeの実績

転職データ-
実績データ-

Geek Loungeの学習

学習形式オンライン
教室の場所-
学習・講師の特徴学生に特化したプログラミングスクール
地方であっても、受講や就職・副業支援を受けることは可能
学べる言語HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails
対応時間-

Geek Loungeのコース

コース■スキル取得コース
■エンジニアコース
■フリーランスコース

Geek Loungeの料金

料金プラン月額20,000円(税込)~
※最終的な金額は無料体験時に適用可能な割引制度を踏まえた上でアナウンスがあり

Geek Loungeの返金保証

返金保証受講開始から7日以内であれば連絡の上キャンセル・返金が可能。それ以降は利用規約に準じた扱いを行う

Geek Loungeの転職サポート

転職サポート対象となるコースでは、最大3カ月の就職・副業支援が受けられる

Geek Loungeの評判

Geek Loungeの良い評判

口コミなし

Geek Loungeの良い評判まとめ

  • 口コミなし

Geek Loungeの悪い評判

口コミなし

Geek Loungeの悪い評判まとめ

  • 口コミなし

Geek Loungeのメリット

メリット1.料金が安い

プログラミングスクールは「いつ、どこで、どれだけ、何をやるか」によっても異なりますが、総じて料金が高いです。

60万円~70万円ほどするのは珍しくありません。しかし、これだけの費用をぽんと払える学生もほぼいないでしょう。

Geek Loungeは学生でも続けやすいよう、料金を低額に抑えています。

詳細は、無料体験後にアナウンスがありますが、目安としては1ヶ月分の受講料が2万円台くらいです。

メリット2.色々な割引制度がある

また、1人でも多くの学生に安心して受講してもらうために、様々な割引制度が設けられています。

ただし、複数の割引を併用することはできません。

実際は、条件を満たす割引制度の中から、最も割引額が高くなるものを選んで適用してもらう形になるでしょう。

メリット3.サポートが充実している

受講料は安いですが、決してサポートにも手を抜いていません。

  • 専属メンターによるサポート
  • オリジナルの教材による授業
  • ライフコーチによる進捗管理
  • 他の受講生との交流会や、現役エンジニアによるセミナー

など、学習を続けていく上でモチベーションの維持に役立つサービスが揃っています。

メリット4.コースによっては就活・副業支援が受けられる

また、エンジニアコースでは就職支援サポートが、フリーランスコースでは副業支援サポートが受けられます。

まず、就職支援サポートの場合ですが

  • エントリーシートの添削
  • 面接対策
  • 企業の求人の紹介

などを、専任のアドバイザーが対応してくれます。

もちろん、求人の紹介はされますが、あまり気が乗らない内容だった場合は断っても問題ありません。

一方、副業支援サポートとしては

  • ポートフォリオ添削
  • 営業支援
  • ノウハウ提供

を現役フリーランスが指導してくれます。


実際のところ、新卒からいきなりフリーランスになるのはかなりハードルが高いです。

しかし、「在学中、アルバイトとしてフリーランスでWebの仕事をした」という経験は、就職活動をしていく上でもプラスになるはずです。

興味がある大学1~2年生の人はぜひチャレンジしてみましょう。

Geek Loungeのデメリット

デメリット1.社会人は受講できない

Geek Loungeはあくまで学生(大学生、短大生、専門学校生、高専生、高校生)に特化したプログラミングスクールです。

そのため、社会人の受講はできません。

デメリット2.受講期間が短い

Geek Loungeのカリキュラム、サポートは3カ月で終了します。

そのため、大学などの春休み・夏休みなど、長期休暇中にまとめて勉強するなど、短期集中型でスキルを身に着けたい人には向いていますが、じっくり理解しながら進めたいという人にはやや不向きでしょう。

Geek Loungeの申込の手順

手順1.無料相談会に申し込む

公式Webページから無料相談会に申し込むことができます。どのコースが向いているのか、適用できる割引制度はあるのか、などを確認しましょう。

手順2.受講を開始する

受講することを決めたら、申し込みしましょう。なお、受講料の支払は銀行振込、クレジットカードが利用可能です。現金による分割払いもできますが、事前に事務局への確認が必要です。

Geek Loungeのよくある質問

Q.質問に回数制限はありますか?

A.無制限です。

Q.平日は授業があるのですが大丈夫ですか?

A.問題ありません。専用の教材を活用していきますので、授業の隙間時間で進めることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です